美容業界では有名【過去の裁判を知ってトラブル対策】

綺麗な顔

最新の薄毛治療

手術法は改善されているが

美しい女性

現在では薄毛治療のために、医薬品の承認を受けている内服薬や塗り薬が存在します。しかしそれらの効果がない場合には、最後の手段として植毛という方法があります。植毛は手術を伴うため、失敗のリスクが皆無ではありません。失敗の中でも最も怖いもののひとつは、傷跡や痛みが残ってしまうことです。 昔の植毛手術はフラップ法やパンチグラフト法といった、不自然になりやすい方法を用いていました。現在の自毛植毛では、主にFUTやFUEといった術式が採用されています。いずれも昔の手術より傷は目立ちませんが、FUTは皮膚を縫った跡が残り、頭皮が突っ張ることもあります。またFUEは縫い跡は残りませんが、ポツポツと穴が開いたような傷跡になる場合があります。

定着率と密度

植毛の失敗例として、植えた髪が抜けてしまう、定着しないというケースもあります。自毛植毛の定着率は95%とも言われていますから、それほど心配する必要はありませんが、思っていたほどフサフサしてこないということはあり得ます。また見た目が不自然で、植毛したことがバレてしまうという失敗もあります。これは医師の技術が未熟なときに起きやすいトラブルです。 痛みや傷跡にしても、定着率の低さにしても、結局は技術力でカバーできるものですから、腕の良いドクターを選ぶことが極めて重要になります。美容外科や発毛専門クリニックなど、植毛手術を実施している医療機関は多数あります。経験豊富な医師がいて、納得のいくカウンセリングをしてくれるクリニックを、じっくりと探してみましょう。